読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働き者ブログ

気を抜くとすぐサボってしまう自分に自戒の念を込めて・・・

【続】本日駅で見かけた人の話~要らんお世話か手助けか~

こんばんは。

昨日こんな記事を書いた直後でタイムリーなのだが、今日も駅のホームで目の見えない男性を見かけた。状況としてはホームの黄色い線に杖をカチカチ付きながら、出発する電車のすぐ横を歩いていた。

 

(よっしゃー、昨日の今日だ!行くべし俺!)

とっさに話しかけた。

「この電車に乗りますか?これは各駅の電車です。」

「あ、はいそうです」

「よし、じゃあここから乗って」

車両の乗り口へ誘導し、車内に入ってもらう。

「じゃあ気を付けて。僕は急行に乗るんで!」

扉の外から声をかけ、走り出す電車を見送る。

一瞬の出来事だったがさらりと出来た。

それこそ昨日記事書いて心の準備もできてたからだな!

 

 …でもその次の瞬間不安もよぎる。

別に手助けをせずとも彼は別に電車に乗れたのかも知れない。普段からそうやって一人で行動できているからこそ、今日もホームに居たんだろうし。そういえばありがとう、ともニコリともしてなかったような…。

まさか「 有 難 迷 惑 」?

 

いやいやいや!でも彼に何か迷惑を掛けたわけでもないならヨシとしよう。もしかしたらシャイな彼だったのかもしれないしさ。(←いい聞かせ)

 

…声を掛けたら掛けたで色々と悩むおじさんであった。。

なかなか難しいもんすな~。

記事を読込中...